技術情報 表面処理・表面仕上
表面処理
クロムめっき

●クロムめっき
めっきにおいて、一番表面にクロム(Cr)の層を付けるものをクロムめっきといいます。

梨地クロムめっき

●梨地クロムめっき
素材の表面を梨地状態にした後、クロムめっき処理したもの。
梨地とは、表面が均一に斑点がある様に均一な凹凸面をもったもののことです。

サチライトクロムめっき

●サチライトクロムめっき
クロムめっきの処理で、クロムの下地にサチライトニッケルという処理を行うと、クロムめっきはつや消し状態になり、これをサチライトクロムめっきと呼んでいます。

亜鉛めっきクロメート処理

●亜鉛めっきクロメート処理
亜鉛めっき後クロム酸又は重クロム酸の溶液に浸して防錆被膜を生成させる処理のことです。
光沢クロメート、有色クロメート、黒色クロメート、緑色クロメートの4種類があり、耐食性は光沢<有色<黒色<緑色の順に優れています。
一般には、光沢クロメートと有色クロメートが多く、光沢クロメートは表面が白銀色、有色クロメートは黄金(虹)色となります。又、一般にユニクロ処理(ユニクロメッキ)は、光沢クロメートのことを指します。


表面仕上
バフ研磨

●バフ研磨
木綿布のような布を円形に形取ったものを何枚か重ね合せて縫合せ、その円周上に研磨剤を付けて回転させ、品物をその円周上にあてて研磨することをバフ研磨といいます。この方法によって表面が鏡面のように仕上げることを鏡面バフ研磨といいます。

ヘアーライン仕上げ

●ヘアーライン仕上げ
機械的方法によって表面に一定方向の筋状の跡をつける仕上方法のことです。

ビーズショット処理

●ビーズショット処理
素材表面にガラスビーズ(ビーズ状ガラスの粒)を高速に吹き付けて、表面を滑らかにする処理のことです。

サンドブラスト処理

●サンドブラスト処理
素材表面に砂または粒状の研磨剤を高速に吹き付けて、表面をかたく滑らかにする処理のことです。
ビーズショット処理に比べると表面の光沢が劣ります。

アルマイト処理

●アルマイト処理
表面に酸化被膜を生成させ、耐食性と硬度を増すなどの特質を利用するためアルミニウム製品に行う表面処理のことです。

●電着塗装
塗料を入れた浴槽に品物を浸して電流を流し、ちょうど電気めっきのように塗装膜をつけることを電着塗装といいます。
普通の塗装では塗料が入りにくい部分にも均一な塗装ができ、耐食性が良く、均一な塗装面ができます。


ページ上部へもどる