技術情報 塗装
塗装の目的
製品を錆などから守り、美的レベルを高め付加価値を増すこと。
塗装の特長

・色、艶、模様などの変化を簡単に加工できます。
・同一生地で簡単に商品構成を増加できます。
・仕様によっては安価な工程が設定できます。
色=3原色の組み合わせによる選択
艶=塗装面の仕上具合で艶有り、半艶、艶消しを選択
高級感、模様=メタリック、レザートーン等
その他=抗菌、耐熱などにも対応可能

欠点としては、クロムめっきやステンレスのような金属感がだせないこと、傷が付きやすいことが上げられます。

塗料
代表的塗料一覧塗料の構成:塗料は主成分となる樹脂と顔料、添加剤によって構成されます。
・塗料の種類
自然乾燥型塗料と加熱乾燥型塗料に分けられる。塗料の加熱乾燥を焼付けという。要求される品質に合わせて塗料の選択(重ね塗り含)をおこないます。

例)高い耐食性が要求される場合
下塗り……エポキシ樹脂塗料
上塗り……メラミン樹脂塗料等
・塗料の形態
水溶性塗料、粉体塗料、溶剤塗料に分けられます。溶剤塗料が一般的。

塗装方法

a) 浸漬法
塗料の浴槽に製品そのものをつける(ジャブ漬け)方法です。
また同様に浴槽に浸し、そこに電流を流しめっきのように塗膜をつける方法を電着塗装といいます。

b) エアースプレー
空気圧力で塗料を微粒化させ、製品に噴霧します。

c) 静電塗装
エアースプレー時に直流で6万〜9万ボルトの電気をかけ、静電気の力で製品に付着させる方法です。

ページ上部へもどる