技術情報 キーシステム
鍵違い(個別キー)
鍵違い図すべての錠前が固有のもので、各々の鍵はその錠前だけしか施解錠できません。
この錠を個別キーあるいは子鍵といいます。設備ごとにそれぞれ個別に管理する場合に使用します。また、管理する人が、それぞれ別の設備の場合にも使用します。
同一鍵番号
同一鍵番号図すべての錠前を同一鍵番号にして、1本の子鍵ですべての錠前を施解錠できるようにしたものです。この鍵を同一キーといいます。
設備ごとにそれぞれ個別に管理する場合に使用します。
また、管理する人が、それぞれ別の設備の場合にも使用します。

プールキーシステム(止め番)
お客様別に専用キーコードを決めて、その範囲で、個別キー、同一キー、マスターキーシステムを取り出します。この専用キーコードは永久欠番(お客様専用番号)にし、他のお客様と重複のないようにします。
また、合鍵複製のときには登録者に確認を行います。
マスターキーシステム(マスターキー)
マスターキーシステム図それぞれ異なった子鍵を持つ錠前を1本の鍵で施解錠できるようにしたものです。
この鍵をマスターキーといいます。
複数の設備を個別で管理すると同時に一括してマスターキーで群管理する場合に使用します。
また、体系別に何種類かのマスターグループを取ることもできます。
チェンジキーシステム
チェンジキーシステム図キーを紛失した場合、指定の新しいキー操作により、即時キーコードの変更を可能にした錠前です。
(Aキーの紛失時にBキーで即時キーコード変更ができます。Aキーでは、解除できません。同様にBキー→Cキー→Dキーとキーコード変更ができます。)
複数の設備を同一番号で管理する場合のキー紛失やキー盗難対策として使用できます。
可変錠開発者インタビュー

ページ上部へもどる