技術情報 フリーザー
扉の形状には3種類の構造があります。
■フラット型・・・・・ 扉表面と筐体表面が同一平面上に設置
■オーバーラップ型・・ 扉は筐体内に入らない状態
■インフィット型・・・ 冷気の損失を二重に防止する。

扉の形状には3種類の構造があります。

ハンドルとオフセット高さ

庫外筐体表面より扉表面(パッキン込)に生じる差をオフセット高さと呼んでいます。オフセット高さによって選択するハンドル(本体)と受座が異なりますので注意が必要です。
取付けるハンドル(本体)には、オフセット高さ別に2〜3種類の受座を用意しました。扉のサイズ、重量を考慮しオフセット高さに合ったハンドルと受座をお選び下さい。

 検索する

蝶番とオフセット高さ
取付け例 ハンドルの場合と同様に蝶番についても扉の構造が選択の基本条件となります。蝶番についても取付ける扉厚及びオフセット高さはハンドル選択時と同じです。ハンドル、受座が選定されれば蝶番も同時に決定します。

 検索する


取り付け例
取付け例

●大型扉(ウォークイン、ロールインタイプ)
通常開口寸法、幅700×高さ1800mm以上の大きさが多く作業者やフォークリフトが出入りできる扉です。一般的に扉厚、重量が増すのでインフィット型が主流となります。

商品番号:ハンドル FA-601、蝶番 FB-601

 

●小型扉(リーチインタイプ)
通常開口寸法、幅500×高さ400mm位の大きさが多く腕を入れ品物を出し入れする扉です。一般的にハンドル、蝶番共扉側面に取付け、扉は筐体内に入らないオーバーラップ型が主流となります。

商品番号:ハンドル FA-601FA-708、蝶番 FB-613>・FB-717


●両開き扉
扉は中央から左右に開く扉です。冷気漏れを防ぐため、常時一方の扉を使い搬入搬出時に間口を広く使用します。この場合密閉性を保持するため、扉に2カ所以上のハンドル(連動)を設置します。

商品番号:ハンドル FA-621、蝶番 FB-611

 

●自在扉(サニードア)
扉は開くと約20mmリフトアップし扉自重で自動的に閉る機構です。異なる部屋の間仕切り用として設置します。
例 冷凍室と冷蔵室、食堂と調理室

商品番号:FD-01〜08

 

●スライディングドア
扉は左右にスライドする機構のためドアの回転によるデットスペースを解消しました。狭い据え付け場所に最適です。

商品番号:FD-150

 

各種扉に対しハンドル、取手、蝶番の組合わせが対応できるように考慮されています。


プレハブ冷凍冷蔵庫における安全基準

今日、様々な環境条件において絶対に起こしてはならないのは人的災害です。安全・防災は最優先のテーマとして義務づけられています。

タキゲンは安全を最優先のテーマとして取り組んでいます。
現在使用されている密閉用セイフティハンドルの脱出装置だけではなく、その受座の安全装置を開発し、二重安全脱出装置で人的災害防止に努力しています。また、事故を未然に防ぐために関連機器を用意いたしました。

プレハブ冷凍・冷蔵庫の普及に伴い安全性に十分考慮し、お客様のご要望に沿った的確なハードウェアを提供しています。

プレハブ冷凍冷蔵庫工業会(技術委員会)では『プレハブ冷凍冷蔵庫の閉じ込め事故防止に関する安全基準』を設け各会員会社、施工業者及びユーザーに対し徹底を図っています。

閉じ込め事故防止の安全基準について

1.脱出の方法について
何らかの事情により外部から施錠された場合、人身事故を未然に防ぐための方法として次の方法があるが、工業会としては、通常使用する扉からの自力脱出を主体として、安全性の強化、指導を行うものとする。

 

2.自力による脱出
(1)通常使用する扉からの脱出
(2)非常用扉、補助扉等からの脱出
(3)補助器具(ドライバー・スパナ・バール等)を使用して強制的に開放して脱出

 

3.他力による脱出
(1)覗窓等のガラスを破壊し、外部に事故を知らせる
(2)警報装置(拡声器、電気器具等)により外部へ事故を通報する

注)脱出とは、直接庫外、または隣接する部屋を通じて庫外へ出ることをいう

脱出機構の規制を除外する扉
(1)ガラスを破壊し、外部に脱出したり、または外部に事故を知らせることが容易に行えるガラス扉やスイング扉は、脱出機構を有するものとみなす。

(2)物品の出し入れを主に行う開口寸法500〜600mm程度の小扉は、一般的には施錠装置がついているが、大扉と併用される場合は、脱出機構の規制を除外することとした。
脱出方法に関する説明ならびに指導
(1)冷蔵庫の納入業者は、使用者に対し、脱出方法を十分に説明し、説明書を貼り付け、それが正しく取り扱われるように指導を行うこと。
(2)脱出機構を有するものは、その説明書に基づいた確認を行うとともに、使用者が定期的な点検を行うように指導すること。
安全対策製品

タキゲンでは閉じ込め事故防止をするための庫内からハンドル操作ができる庫内安全押棒を販売しています。ハンドルの種類によって、適用押棒が異なりますのでご注意ください。

 検索する

安全対策製品

ページ上部へもどる