アグリ場

農業分野でもタキゲン アグリ場
合計3,000円(税別)から送料無料!
HOME > 栽培方法のご提案 > トマトの接ぎ木方法について
商品に関するお問合せ

質問などがあればお気軽にご連絡下さい。
電話でのご注文も承ります。

メールでお問合せ

閉じる

ナス科の接ぎ木トマトの接ぎ木方法について

こちらの栽培方法で利用する商品

  • 接ぎ木とは、植物の一部を切り離して、別の植物とつなぎ合せ、新しい植物にする技術です。双方の性質の長所を持ち合せ、連作障害や病害虫に強く、生産性に優れた、育てやすい苗ができます。

  • 約30°に切断
    台木を約20〜30°の間でカットし、グラフトチューブを挿入

  • 挿入
    穂木も約20〜30°の間で切断し、台木の切断面に合せるように挿入

  • 調整
    苗を定植し、横紐にクキロックを使用して誘引を行います。

  • 霧吹きする
    軽く霧吹きし、接ぎ木完成です
    ※この工程はお客様によって異なります。

 

このご案内は参考例となります。地域性によって異なる場合がございます。

こちらの栽培方法で利用する商品

ページトップへ