ダイカスト・黄銅

ダイカストについて

ダイカストとは、ダイカストマシンを使用し、これに金型を取付け、主に非鉄金属を溶解し、溶湯のまま圧入して、高密度で鋳肌の優れた製品を、高速度に生産する製法です。

亜鉛合金

亜鉛(Zn)を主成分とし、アルミニウム(Al)、銅(Cu)、マグネシウム(Mg)、鉄(Fe)等を含んだ合金のこと。
鋳肌が美しく、寸法精度の高い製品ができ、機械的性質(引張強さ、圧縮強さ、かたさ、曲げ強さ、弾性率など)に優れ、耐食性の良いめっきができる等、優れた特性を有するので、アルミニウム合金と並びダイカスト用合金として広く用いられています。

アルミニウム合金

アルミニウム(Al)を主成分として、銅(Cu)、ケイ素(Si)、鉄(Fe)、マグネシウム(Mg)、亜鉛(Zn)等を含んだ合金のこと。
現在、ダイカストにもっとも多く使用されるのがこのアルミニウム合金で、軽量で適当な機械的性質、耐食性があり、低温でも特性が変わらず、熱伝導等の物理的特性も良い合金です。

黄銅(真鍮)について

黄銅(真鍮)とは銅(Cu)と亜鉛(Zn)を主成分とした合金のこと。
黄(金)色で切削性が良く、加工しやすい合金で、錠前のボディー等に使用されます。

技術情報

最近閲覧した商品

よく購入される商品