ステーの右用・左用取扱い基準

一般的にステーの形状は〈右用〉〈左用〉が一対として取付けられるように対称の形になっています。ところが取付け方法により勝手違いとなる場合が起こりがちです。ご注文や設計の際こうした混乱のないよう〈右用〉〈左用〉の呼称について概略を記しますのでご参照ください。

右用・左用呼称の基本

ステーの右用・左用の呼称の基本は次の条件により定めてあります。

  • ・上蓋開閉用のボックス
  • ・ステーのアーム屈折部が奥へ向かって折れる。
  • ・開閉する上蓋を前面位置から見る。

上記の3条件を想定して

  • ・右側に取付けるステーを右用
  • ・左側に取付けるステーを左用と呼んでいます。
右用・左用ステーの基本図
B-40 右用の使用例

上記基本図のようにステーを取付ける場合は問題ありませんが次の場合には十分ご注意ください。

ステーのアーム屈折部を手前方向に曲げる場合

基本図と左右が逆になります。

  • ・右側に取付けるステーを左用
  • ・左側に取付けるステーを右用ととご指定ください。
アーム屈折部を手前に曲げる場合

ステーをボックスの外側に取付ける場合

基本図と左右が逆になります。

  • ・右側に取付けるステーを左用
  • ・左側に取付けるステーを右用とご指定ください。
ボックスの外側に取付ける場合

前蓋開閉用ボックスの場合

前蓋開閉用ボックスの場合も、
ステーの左右は逆になります。

ただし次の商品は「前蓋開閉用ボックス」専用になっています。ステーの形状に関わりなく

  • ・右側に取付けるステーを右用
  • ・左側に取付けるステーを左用とご指定ください。
前蓋用ステー使用例
前蓋用ステー使用例

扉用ステーの取付けについて

次にあげる製品は建造物の扉用として適しています。特に鉄製扉のような重量用にご利用いただけます。
B-25B-450B-1450B-1451これらのステーは左右兼用型ですから右扉にも左扉にも使用できます。
またB-450B-1450は天蓋用としてB-25B-1451B-1456は前蓋用としても使用できます。
ただしB-1456は右用・左用があります。

B-25を右扉に取付けた例
B-1456を右扉に取付けた例

窓用ステーの取付けについて

次にあげるステーは船舶や建造物の窓に多く使用されています。
この場合の右用・左用はステーを構造物の内側から見て

  • ・右側に取付けるステーを右用
  • ・左側に取付けるステーを左用とご指定ください。
B-36 右用の使用例

最近閲覧した商品

よく購入される商品